2014年ロンリーハーツ植物紀行
8月2日、久々の月山に見た花は(3.湿原編)

月山には立派な湿原が二箇所もある。
そのひとつ、弥陀ヶ原は羽黒口の八合目にあたり、標高は1400mと少し。場所によっては、尾瀬ヶ原のように高層湿原となっており、
日本いや本州では珍しく広大な湿原風景が愉しめる。





池塘の形も面白い。



池塘の中に生えるのはミツガシワ

この池塘は木道よりも一段高い場所にあった。
( ̄π ̄; だから高層湿原なのか。

大きな葉はミズバショウ

月山登山道に較べ、花はあまり多くないのだが、いくつか紹介してみる。
ニッコウキスゲ

枯れかかったコバイケイソウとコバギボウシ蕾 コバギボウシ

イワイチョウとモウセンゴケ

池中の単子葉類の名は不明。

キンコウカとモウセンゴケ

キンコウカ クサレダマ

クサレダマは弥陀ヶ原ではなく、羽黒山に近い低標高の道路端に咲いていたもの。
クサレダマとヨツバヒヨドリ

今回は弥陀ヶ原にも寄ったのに、( ̄π ̄;うっかりオゼコウホネを見ないで帰って来てしまった。
来シーズンの宿題だ。


帰りは鳥海山が見えた( (´π`; 朝は雲を被ってて何も見えなかった)
酒田市郊外から見るその姿は、秋田側(由利本荘やにかほ)から見る姿と左右が反対になる。
酒田市郊外から見た鳥海山



次(8月下旬、鳥の海)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2014年9月5日にアップしました。)