2016年ロンリーハーツ植物紀行
7月2日、いよいよ鳥海山(前編)

7月2日(土曜日)、ついに鳥海山に行って来た。この日は昼頃から雨、それも強雨との予報だったのでありったけ前倒しに行動した。
秋田市の自宅を出たのが午前3時、コンビニで朝飯と昼飯を仕入れ、4時:40分、まだうす暗いうちに鉾立より登山開始。
花を撮りながら長坂道稜線に到着したのが6時30分頃、御浜で8時ちょうどに超早い昼飯、
そして(予報よりかなり早く)8時30分頃、稜線で雨が降りだしたので慌てて下山、鉾立には9時30分に到着、そして11時に自宅へ帰着。
今回は今年まだ見てなかったハクサンイチゲの花見が目的なので七合目の御浜までで十分。山頂までは行ってない。
仮に行ったとしても悪天候で何も見えなかっただろう。
朝4時50分頃、鉾立の展望台付近から奈曽谷最深部と鳥海山本体を望む。
山麓からよく見えていた鳥海山山頂部だったが、
歩き出してまもなく、雲に隠れてしまった。

それから賽の河原までダラダラと長い登りが続く。
夏場なら日差しが強く、いつも音を上げてしまう場所だが、今日は日光も弱いので足取りは軽やかだった。
登山道沿いに咲く花は思ったよりも少なかった(シラネアオイは既に終わっていた)。
マイヅルソウ Maianthemum dilatatum
ツマトリソウ Trientalis europaea
ウスバスミレ Viola blandaeformis

しかし賽の河原で花びらが半透明になったサンカヨウに遭遇。
これは嬉しかった。
サンカヨウ Diphylleia grayi 賽の河原周辺

賽の河原から先は御浜に直登せず、雪渓脇を登り、河原宿(吹浦ルート六合目)に至る。
その方が楽だし、花も多い。

以下、雪渓の際で見た花たち。
ミツバノバイカオウレン(コシジオウレン) Coptis trifoliolata

アオノツガザクラ Phyllodoce aleutica ヒナザクラ Primula nipponica

イワカガミ Schizocodon soldanelloides

チングルマ Geum pentapetalum

チングルマ Geum pentapetalum

上に行くほど新鮮なチングルマが現れる。
チングルマ Geum pentapetalum の群生

河原宿の雪渓からにかほ方面を見下ろす。

長坂道の稜線に着いたら、いつもなら雄大な鳥海山本体や鍋森が見渡せるのだが、
今日は残念ながら本体に雲が被さっている。

雲は被さっていると言うよりも、凄まじい勢いで乗り越えているという感じ。
山頂部の風の強さはいったいどれくらいなのだろう。

少し歩くと鳥の海が見えてきた。

笙ヶ岳

鍋森

鳥の海と鳥海山本体

鳥の海

御浜に到着。
鳥の海と鍋森


次(後編)行くよ〜
裏庭トップに戻る
モガ狂トップに戻る
管理者注:本頁の写真は(`◇´)何人たりとも無断使用はまかりならん!
(本頁は2016年8月6日にアップしました。)